top of page
  • 執筆者の写真KeyXentic

クラウドレパード10周年、みずほ銀行と国内3ベンチャーが提携

台湾クラウドIoT産業協会(略称:台湾クラウド協会)とStarFab Accelerator(略称:StarFab)が主催する台湾最大のテーマ別企業定向育成アクセラレーター「台湾雲谷雲豹育成」は10周年の節目を迎えました。今年は特に日本の瑞穂銀行と連携して初の「Tech-Startup Japan Award」を開催し、台湾クラウド協会の劉瑞隆副理事長が率いる3社の優秀な台湾スタートアップ(実見、トゥーリングチェーン、KeyXentic)が日本へ赴き、Cloud Computing Day Tokyoに参加して現地のクラウドビジネスチャンスと連携します!

雲豹育成は、新しいビジネスチャンスを共創するためにスタートアップと企業の協力を支援することを目的としており、ソフトウェアとハードウェアの統合ソリューションの開発に注力しています。台湾初の大企業と中小企業の共栄プラットフォームとして、これまでに154社以上のスタートアップと大企業の深い協力を支援してきました。今年の第10回雲豹育成では、日本で最多の法人顧客を持つ銀行の一つである「瑞穂銀行」と協力し、台湾クラウド協会の代表とともに技術革新、市場価値、ビジネスモデルなどの面で焦点を当て、国際市場での能力を持つスタートアップを選出し、日本の東京へ向かいました。最終的に以下の3つのチームが選ばれました:ポータブル単一レンズ3D立体録画システムでXR(VR/AR)にリアルなコンテンツを提供する「実見」、国際デジタル証明書標準を採用し、9カ国120機関で使用されている「トゥーリングチェーン」、ゼロトラストアーキテクチャの下でパスワードレスの認証ソリューションを提供する「KeyXentic」。

これらの3社の優秀なスタートアップは今月18日に台湾クラウド協会とOCP日本支部(OCPJ)が共同で開催する2022 Cloud Computing Day Tokyoに参加します。このイベントはパンデミック以来初めての実体開催であり、台湾と日本から100人以上のクラウド協会会員企業および産業代表が参加し、会場でのインタラクションは活発です。今日の実際のソリューションの展示とビジネスディナーの交流を通じて、スタートアップが日本市場での足がかりを得て、国際ビジネスチャンスを掴むことを期待しています。

台湾雲谷雲豹育成はStarFabの運営の下で10年間にわたり、傘下の100社以上のスタートアップのうち50%以上が戦略的投資を獲得し、総募資規模は30億台湾ドルを超えています。StarFabは専門的で豊富な育成経験を持ち、大企業、ベンチャーキャピタル、および各分野のビジネスパートナーを結びつけ、強力な産業共栄エコシステムを構築し、スタートアップが国内外の資本市場に迅速に接続するのを支援しています!11月29日、雲豹育成10周年記念イベントが台北国際会議センター201 ABC会場で開催されます。当日には企業とスタートアップの優れた共創成果の発表に加えて、著名な企業代表や過去のスタートアップ卒業生が参加し、雲豹育成の「大企業と中小企業の共栄モデル」がスタートアップの迅速な成長をどのように支援するかについて共有します。さらに多くのエコシステムパートナーの参加を期待しており、共に台湾産業の次の輝かしい10年に向けて推進していきましょう!

4o




閲覧数:0回

Comments


bottom of page